煎茶を入れる場面は、会社でも家の中でも、非常に多いものではないでしょうか。
ティーバッグが近年の主流となっており、あまりお茶の葉から急須を使って入れるケースは、比較的少なくなっているかもしれません。
茶葉からお茶を入れると、飲み終えたあとの後片付けなど、なにかと面倒なものです。

スポンサードリンク

煎茶の美味しくいれる方法

ティーバッグのお茶でも、煎茶の味わいが美味しく味わえるような入れ方を、ご紹介しましょう。
ティーバッグだと分からないくらいに、美味しいお茶をお客様や家族、会社の方たちに出せるはずです。

茶こし・湯呑茶碗もしくはカップ・ガラス製急須もしくは磁器製急須を、用意しておきます。

お茶1杯につき、ティーバッグを1つ使用していきます。

煎茶の出がらしでも構わないのですが、旨み成分は1杯目より劣るので、新たにお茶のティーバッグを用意した方が、理想的だといえます。

お茶のティーバッグをカップか湯呑茶碗に入れ、沸騰したお湯を注ぎます。

カップに、ソーサーなど何でもいいのでフタをし、蒸らしを十分に行います。

お茶を1分くらい蒸らしますが、ティーバッグを使用する場合の、旨みが1番出る丁度いい蒸し時間なので、長過ぎても短すぎてもいけません。

フタを約1分後に開け、お茶のティーバッグのタグを、何回か振って水分をカップの中に落とし切りましょう。

ティーバッグを引き上げる際は、静かにカップから出すようにし、スプーンなどでティーバッグを絞らないようにしましょう。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

お茶の出し方:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://t.dp98.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。